中学部

  • 中学部トップ
  • 指導方針
  • パンフレット

数学科

進度は学習指導要領に準拠し、中高一貫の難関私立校のように速いペースで進むことはありませんが、授業や定期テストのレベルは高めで、担当される先生によっては非常にユニークな授業を展開されています。また、本来高1内容である連立不等式を中1~中2で、2重根号の外し方やメネラウス・チェバの定理などを中3で指導されており、高校へのスムーズな移行を意識したカリキュラムになっています。授業は基本的に教科書と副教材の新Aクラス問題集(昇龍堂)で進められています。

進学塾HITSでは、学校進度より若干早いペースでの授業を行いますが、最大でも次学期の内容までにとどめています。なぜなら、進学塾HITSでは基礎学力の定着に重点を置いており、過度な予習は基礎学力の定着においてむしろ逆効果であると考えているからです。(ただし、基礎=易しいではありません)。中1~中3のそれぞれの学年で、以下の方針で授業を行っています。

一年生

中1生が最優先に取り組むべきことは「高い計算力」を身につけることです。「高い計算力」というのは、計算がものすごく速い、または暗算ができる、ということではありません。正しい式の書き方で、式全体を転換していくことができるということです。(ただし、最低限の計算速度は必要です)。中1の代数でつまずいてしまう生徒は、大抵がこの計算を正しく実践できていません。進学塾HITSでは各生徒のノートをチェックし、確かな計算力を中1の間に確立できるよう指導しています。 図形では、作図の問題ではもちろんですが、作図以外の場合でも積極的にノートに図をかくように指導しています。これは後々、複雑な問題への対応力につながります。

二年生

中2内容で特徴的な内容は、証明などの論証問題です。証明は図形だけでなく、文字式を用いたものもあります。中2での最重要事項の1つは論証能力を向上させることになりますが、これは一朝一夕で養えるものではありません。HITSの数学の授業では毎回復習テストを実施していますが、中2生の証明問題の答案は担当講師がすべて採点し、より良い論証ができるよう添削指導しています。

三年生

中3の代数は高校数学の基礎になるため、基本・標準レベルの問題は必ずできるようにならなくてはなりません。特に展開と因数分解、平方根は計算の基礎となる内容なので、いくら練習しても無駄になりません。定着が十分でない生徒には、補習の時間など授業外で演習する時間を設けます。一方、幾何はセンター試験でも使える実践的な内容です。その分、代数よりも苦手にする生徒が多くなりがちです。進学塾HITSでは、2学期終了時を目処に中3内容の授業を終え、冬期講習で幾何特別講座を設けています。ここで中学幾何を集中的に訓練します(一部数A内容を含みます)。その後、3学期からは高1数学の先取り学習に移行します。

全学年を通して

数学は考える教科です。他教科に比べ暗記事項は極めて少ない分、本質を理解できるかどうかが重要です。進学塾HITSでは、公式の暗記を指示しません。球の体積や表面積など、最終的には公式を覚えることになってしまうものに関しても、中学生が理解できる範囲で説明するよう心がけています。

英語科

附属天王寺中学校では、教科書として「Sunshine」(開隆堂)を採択し、準拠教材として「必修テキスト」を使用しています。また、「基礎英語1」(NHK)を聴くことが義務付けられています。

中1の最初のテストは簡単ですが、一学期の期末テストから難しくなり、得点に差がでてきます。この差は学年が上がるにつれて固定化し、逆転が困難になってきます。その原因として、習い始めの時期に、学習方法を身につけていないことが考えられます。

その一つに文法を習得していないことが挙げられます。例えば、英訳する場合、日本語の単語に合う英単語を、なんとなく思いつきで、並べかえて文を作る生徒がいます。このやり方では、遅くても中2までには、英語が全くわからなくなります。学校の学習では、文法にあまり時間を割かないのですが、文法を理解・記憶し、それを意識して正しい語順で書くことがテスト等で正解を得る方法ですし、後の学習にもつながります。

文法を理解しているつもりでも、英語が苦手な生徒もいます。英語では、「わかった」と思っただけでは学力が身についていない場合が多いのです。多くの教材では、新しい内容を習った直後に、ワンパターンの練習問題があります。解説を見ながら問題をやってできるのは当たり前。自分自身の力で音読、和訳、英訳ができるかどうか確認する必要があります。時間をおいて復習することも大切です。

中学部での学習

進学塾HITSでは、準備講座や中学校の長期休暇中に、次の学期中に学校で習う文法内容を、学習します。そして、学期中にその復習を行うことにより、学力の定着を図り、定期テストに備えます。

また、学校より若干早く「Sunshine」の内容を学習します。小テストを行い教科書の重要表現を英訳できるように復習します。また、学校課題の「必修テキスト」を学校より少し先に学習することにより、ゆとりを持って定期テストに臨めるようにしています。

定期テスト直前には、過去問演習を含めた対策授業を行っています。頻出の課題英作文についても指導します。